鉄ジグに拘り続けたパパ大津留の答え

DEEP ROBBER(深場の強盗)と名を打ったそのジグは、鉄ジグの魂を継承しつつも、
前後比率を4:6とやや後方重心にすることで、
ディープ攻略に欠かせないフォールスピードを向上させた。
それでいてジャーク時の引き抵抗の軽さはスイムライダー同様軽いのが特徴。
体力を必要とするディープジギングにおいて
大きなアドバンテージとなる。
 
また、前後を入れ換えて逆付けすることで、
バックスライドに移行するまでの時間を長くとり
より水平姿勢を長く見せることを可能にする。
ベイトの種類によってぜひ使い分けたい。